キャピキシルって一体どんな成分?- 育毛剤Deeper3Dを女性目線で徹底解剖!

キャピキシルって一体どんな成分?

「ミノキシジル」は聞いたことがあるけれど…

Deeper3Dを最初に知った時に、一番気になったのが「キャピシキル」という成分でした。それまでいろいろな育毛剤を見てきたのですが、「キャピシキル」という成分をここまで推している商品は他にはなかったように思います。単に、私が見逃していただけなのかもしれませんが…。

育毛剤に配合されている成分として有名なのは「ミノキシジル」でしょうか。有名な育毛剤に配合されていることが多く、確かに発毛に役立つようなのですが、一方で副作用もあると言われています。例えば、動機・息切れが起きやすくなるとか、むくみやすくなるとか、はたまた異常な眠気に襲われる、などなど。多少大袈裟に言っている部分もあるのでしょうけれど、こんなの聞いちゃったら怖くて使えません…。

そんな怖がりの私が気になったのが「キャピシキル」。どんな成文か調べてみたところ、なんと「キャピシキル」は「ミノキシジル」の3倍もの効果を持つと言われているんだそうです。えっ、3倍ってどういう根拠で?それだけ効果があるんだったら、副作用もすごいんじゃないの?そんな数々の疑問がわき上がってきたので、さらに詳しく調べて見ることにしました。

天然草ベースで、体にやさしく効果も高い「キャピキシル」

「キャピキシル」は、自然界にそのまま存在する成分ではなく、アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスを組み合わせて作っている成分だそうです。

それで、一体何が「ミノキシジル」の3倍の効果なのかというと、実際に使用してそれぞれの育毛率を比較してみたところ「ミノキシジル」の育毛率が52%だったことに対して、「キャピシキル」の育毛率は156%にもなったという結果が出たのだそうです。確かに計算すると3倍効果が高い、ということになりますね。ちなみに、「ミノキシジル」は毛細血管を拡張することで毛母細胞の活性化して発毛を促進しますが、「キャピキシル」は毛根衰退とヘアサイクルの乱れを整えて毛母細胞を復元させる働きがあるそうです。「ミノキシジル」と比較すると、毛母細胞を復元してくれるという点が魅力的に感じますね。

そして、気になる副作用ですが「キャピキシル」の原料は天然草がベースなので、他の発毛成分に見られるような副作用がほとんどないというのです。まったくないわけではなく、使い始めはちょっと毛が抜けたりはするらしいですが。でも効果が高く、重大な副作用がないというのであれば、もう「キャピキシル」配合の育毛剤を選ぶしかありませんよね。